スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ここでの10主のオリ設定について

ゴールデンウィーク明けの最初の更新です。
今回の更新は、今までも何度か掲載している
ここでの主シアSSに登場するオリ10主の設定の掲載です。
殆ど捏造ばかりの設定です。
妄想ばかりです。
ゲーム本編との矛盾がいっぱいです。
あくまでもここのSSでの設定です。
そんな設定ですけど、それでもよろしければ、
以下の続きからどうぞ。
(2010年5月15日、ちょこっと記事修正)



!!注意
本当に捏造ばかりの設定です。
あくまでも、ここでのSSでのみの設定です。
ご注意を…。
捏造設定、オリ設定が苦手な方は、回れ右をお願いします…。
大丈夫な方は、以下からどうぞ…。




























御影輝刃(みかげ きば)

誕生日:6月1日
身長:180cm[21歳(11終了時)時点]
体重:61kg[21歳(11終了時)時点]
血液型:A型
髪色:黒
髪の長さ:やや長め
瞳の色:紫


当ブログでのSSに登場するパワポケ10主人公の一人。

身体能力が非常に高く、幼い頃から各種のスポーツが得意。
勿論一番好きなスポーツは野球である。
野球でのポジションは投手。
勉強は決して不得意ではないが、好きというわけでもない。
歴史や地理や公民といった分野の勉強は好き。
読書をするのも嫌いではない。
容姿は眉目秀麗の部類に入る。
眉間に傷有り。
基本クールな雰囲気を纏っているが、熱血漢な一面も持つ。
人情にも篤く、責任感が強い。
他者のために自身の身を挺することも躊躇わない
自己犠牲精神にも富む。
父親に幼い頃から鍛えられているため、喧嘩にも非常に強い。
霊感が強く、幼い頃から色々とオカルトな現象に遭遇している。

一人っ子で、父子家庭育ち。
父親は表向きはサラリーマンを勤めているが、
その実態は裏社会で名の知れたバウンティハンターである。
母親は輝刃を産んでからすぐに亡くなったとされているが、
詳細は不明。
ちなみに輝刃は母親の顔を知らない(写真すら見たことが無い)。

紫杏とは幼少期からの幼馴染。
彼女は輝刃にとって初めての異性の友人であり、
徐々に誰よりも深くお互いを信頼し合い、理解し合う関係となり、
高校時代に晴れて恋人同士となっている。
紫杏の人間性を深く理解しており、彼女の本来の姿もよく知っている。
ちなみに歴史などの勉強が好きなのには、少なからず彼女の影響がある。


【小学~中学時代】
輝刃が紫杏と初めて出会ったのは小学一年生の時。
親しくなったのは、
席が隣同士になって話す機会が増えてから。
仲良くなってからは彼女と行動を共にする機会が多くなった。
小学時代には児童会で、
中学時代には生徒会で働く紫杏をよく手伝っていた。
野球を始めたのは小学生の頃から。
少年野球時代にダッ主在籍時のガンバーズとの対戦経験アリ。
紫杏が桃の木の精霊に会おうと一日中桃の木の前で待っていた際には
彼女に付き合って一緒に待っていた。
その際、紫杏と一緒にモモコに出会っている。
勿論、輝刃もモモコが桃の木の精霊であることには気付いていない。
ちなみに眉間の傷ができたのも小学生の頃で、
この傷は紫杏が自分をいじめていたイジメグループに対して
策を練って転校に追いやった際に、
イジメグループの報復によって
集団リンチに遭った紫杏を庇った時についたもの。
尚、中学時代に父親が仕事先で事故死している。
以来、叔父一家の援助を受けながら暮らしていた。

【親切高校時代(パワポケ10)】
概ね10本編の流れに準拠。
ルートとしては紫杏BADルートを辿ることになる。
但し、紫杏との関係が上記のようなものなので、
色々とゲーム本編中の紫杏ルートとは展開に差異がある。
甲子園での優勝を果たし、卒業後はプロ野球選手となるも、
紫杏を引き止めることができなかった事への悔いが、
強く残る事になる。
そして、強い悔いが残ったのは紫杏も同じで…。

【パワポケ11本編の時期】
プロ入り後はプロ一年目にして一軍選手となり、
チームの先発ローテーションの一角として活躍し、
チームのリーグ優勝、日本一に貢献、
新人賞などのタイトルも獲得している。
シーズン終了後、一度紫杏と再会している。
オフシーズンに叔父一家と一緒に海外旅行に出かけるも、
乗っていた旅客機が東シナ海上空で事故を起こし、
乗客乗員全員が海の藻屑と消えてしまう。
この事故における生存者は0と報道され、
輝刃も生死も公的に死亡として処理された。
後にこの事故は何者かによって
故意に引き起こされたものであったことが判明する。
輝刃の「死」という「事実」は、
紫杏の心にあまりにも大きな哀しみを与えることになり、
彼女が修羅の道へと進む最後の大きな一押しとなってしまう。

しかし、輝刃は死亡しておらず、
「事故」に遭った旅客機の乗客の中で
唯一の生存者として生き残っていた。
何故か奇跡的に生き残った輝刃であったが、
事故によるショックで記憶喪失の身となり、
海上を漂流した末、台湾に漂着。
記憶を失い、天涯孤独の身となり、
そのまま台北で廃人同然の状態で放浪生活を送っていた。
やがて生きる為に折しもかつての父親のように
バウンティハンター業を生業するようになる。
一年以上台湾でバウンティハンター業をしていたが、
その間に様々な事件に遭遇し、
徐々に世界の裏側で起こっている事を知ることになる。
その過程で自身の記憶も徐々に呼び覚まされていくことになり、
そして11本編の3年目の8月、
オオガミとジャジメントの合併、来るべきツナミの設立の報を知り、
そこで全ての記憶が還る。
全ての記憶が還った後、輝刃は日本へと帰国。
再び紫杏と会い、彼女を止めることを望み、
運命のあの日、ナマーズの解散式の会場に独り赴き、
会場を去ろうとする紫杏と2年越しの再会をすることになる。
再会の喜びも束の間、ルッカの放った弾丸が紫杏を襲う。
銃撃に気付いた輝刃は紫杏を庇い、
重傷を負いながらもなんとか紫杏をルッカの銃撃から守る。
しかし、ルッカとは全く別の方向から
何者かによって放たれた弾丸が、紫杏の身体を正確に貫く。
致命傷を負った紫杏は甲斐に後事を託すのと同時に、
輝刃に謝罪とお礼の言葉を遺し、
最期の恋人としての言葉を遺し、そのまま息絶える。
あまりにも深い哀しみと絶望と悔いを抱いたまま、
輝刃は何処へと姿を消す…。

やがて、彼もまた、戦いに身を投じることになる…。

【その後】
輝刃は「輝刃」の名を捨て、別の名を名乗っている。
全ての戦いが終わった後
(パワポケシリーズが完結した後の時間軸と仮定します)も、
独り亡き紫杏への想いを胸に生きている。
少しでも未来を「明るい未来」にしようと生きているのには
間違いない。
(ちなみに公的には御影輝刃という人間は
 『死亡』扱いのままとなっている。)



※設定はまた随時、更新していきたいと思います…。
line

comment

Secret

No title

このサイトのオリジナル10主を見て、自分もオリ主作っちゃいました。(俺様最強キャラ化しているが。)

でも、こういう設定はあまり見かけないから結構、御影君が好きになっちゃいました。

line
line

line
プロフィール

無頼

Author:無頼
ようこそ。
どうぞ、ごゆるりと。

↓管理人の特に好きなパワポケCP
6主×瞳さん
羽柴君×夏海さん
10主×紫杏

6主×瞳さんスキーな同志、
随時求みます。

line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
最新コメント
line
最新記事
line
FC2カウンター
line
StyleKeeper
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。